業績一覧



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◉平成28年度研究業績一覧(平成28年4月〜平成29年3月)

学会発表(国内)

1.    青沼史子, 柄慎太郎, 東泉, 大住伴子, 正木千尋, 細川隆司, 竹内弘:破骨細胞培養系における補体成分C1q の役割に関する検討 第76 回九州歯科学会総会学術大会 北九州 平成28年5月28-29日

2.野代知孝, 小野堅太郎, 人見涼露, 伊藤美紗, 正木千尋, 細川隆司, 稲永清敏:酢酸誘発口内炎モデルラットにおける病態と遺伝子変化 第76 回九州歯科学会総会学術大会 北九州 平成28年5月28-29日

3.平田祐基, 豊野孝, 片岡真司, 中富満城, 細川隆司, 瀬田祐司:筋芽細胞株C2C12の筋管細胞への分化段階におけるアミノ酸(うま味)受容体T1R1遺伝子の転写調節機構の解析 第76 回九州歯科学会総会学術大会 北九州 平成28年5月28-29日

4.野代知孝, 人見涼露, 正木千尋, 小野堅太郎, 細川隆司:口腔内潰瘍モデルにおける病態と遺伝子変化 第125回公益社団法人日本補綴歯科学会学術大会 金沢 平成28年7月8-10日

5.三隅沙緒理,近藤祐介,向坊太郎,外間宏亨,岩鍋裕次郎,楠田優一郎,柄慎太郎,正木千尋,細川隆司:要介護高齢者の口腔関連QOLに関与する因子の検討 第125回公益社団法人日本補綴歯科学会学術大会 金沢 平成28年7月8-10日

6.宗政 翔, 近藤祐介, 向坊太郎, 楠田優一郎, 宮城勇大, 柄 慎太郎, 正木千尋, 中本哲自, 細川隆司:糖尿病による口腔乾燥症発症メカニズムの解明 第125回公益社団法人日本補綴歯科学会学術大会 金沢 平成28年7月8-10日

7.青沼史子,東泉,大住伴子,細川隆司,竹内弘:補体成分C1qが骨代謝に与える影響 第58回歯科基礎医学会学術大会・総会 札幌 平成28年8月24-26日

8.野代知孝,人見涼露,小野堅太郎,伊藤美紗,正木千尋,細川隆司,稲永清敏:酢酸誘発口内炎モデルラットに発症する口腔内疼痛に対するエンドセリン1の関与 第58回歯科基礎医学会学術大会・総会 札幌 平成28年8月24-26日

9.宗政翔,近藤祐介,向坊太郎,楠田優一郎,宮城勇大,柄慎太郎,正木千尋,中本哲自,細川隆司:2型糖尿病モデルマウスにおける唾液分泌能の解析 第58回歯科基礎医学会学術大会・総会 札幌 平成28年8月24-26日

10.野代知孝,人見涼露,小野堅太郎,正木千尋,細川隆司:口内炎におけるエンドセリン1の疼痛発症への関与 平成28年度公益社団法人日本補綴歯科学会九州支部,中国・四国支部合同学術大会 熊本 平成28年9月3-4日

11.平田祐基,豊野孝,細川隆司,瀬田祐司:筋芽細胞株C2C12における,アミノ酸(うま味)受容体T1R1遺伝子の転写調節機構の解析 平成28年度公益社団法人日本補綴歯科学会九州支部,中国・四国支部合同学術大会 熊本 平成28年9月3-4日

12.青沼史子,柄慎太郎,田村暁子,三隅沙緒理,近藤祐介,正木千尋,竹内弘,細川隆司:老化が骨代謝におよぼす影響の細胞生物学的分析 第46回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会 名古屋 平成28年9月16-18日

13.岩鍋裕次郎,田村暁子,三隅沙緒理,柄慎太郎,向坊太郎,近藤祐介,正木千尋.細川隆司:物理療法を用いたインプラント周囲軟組織に対する治癒促進効果 ―低出力超音波パルスが歯肉上皮細胞に与える影響- 第46回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会 名古屋 平成28年9月16-18日

14.外間宏亨,正木千尋,柄慎太郎,近藤祐介,細川隆司:睡眠時ブラキシズム診断に

咬合接触評価装置は有効か 第46回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会 名古屋 平成28年9月16-18日

15.多田博昭,正木千尋,三隅沙緒理,田村暁子,柄慎太郎,向坊太郎,近藤祐介,細川隆司:プロバイオティクスを用いたインプラントメインテナンスについて 第23回日本歯科医学会総会 福岡 平成28年10月21-23日

16.外間宏亨,正木千尋,田村暁子, 三隅沙緒理, 柄慎太郎,近藤祐介,細川隆司:咬合接触評価装置を用いた睡眠時ブラキシズム診断の試み 第23回日本歯科医学会総会 福岡 平成28年10月21-23日

17.野代知孝,人見涼露,小野堅太郎,伊藤美紗,正木千尋,細川隆司,稲永清敏:酢酸誘発口内炎モデルラットの疼痛発症メカニズムに対するエンドセリン1の関与 第10回 三叉神経領域の感覚-運動統合機能研究会 長野 平成28年11月26-27日

18.青沼史子,竹内弘,柄慎太郎,近藤祐介,友枝圭,石田秀幸,正木千尋, 細川隆司:老化因子が骨代謝におよぼす影響の細胞生物学的解析 第34回公益社団法人日本口腔インプラント学会九州支部学術大会 熊本 平成29年1月21-22日

19.楠田優一郎,近藤祐介,宗政翔,宮城勇大,丸山俊正,向坊太郎,正木千尋,細川隆司:副腎皮質ステロイド治療がマウス顎下腺に及ぼす効果 第34回公益社団法人日本口腔インプラント学会 九州支部学術大会 熊本 平成29年1月21-22日

20.多田博昭,正木千尋,塚本浩樹,原哲三,中村智彰,村上貴也,丸山俊正、細川隆司:インプラント周囲炎治療におけるプロバイオティクスの効果の検討 第34回公益社団法人日本口腔インプラント学会九州支部学術大会 熊本 平成29年1月21-22日

21.外間宏亨,正木千尋,田村暁子, 三隅沙緒理, 柄慎太郎,近藤祐介,石田秀幸,細川隆司:睡眠時ブラキシズム診断に対する簡易型咬合接触評価装置の有用性 第34回公益社団法人日本口腔インプラント学会九州支部学術大会 熊本 平成29年1月21-22日

22.青沼史子,柄慎太郎,正木千尋,細川隆司,竹内弘:補体成分C1qが骨代謝関連細胞におよぼす影響 第6回補綴若手研究会 萩 平成29年3月11-12日

23.宗政 翔, 近藤祐介, 向坊太郎, 楠田優一郎, 宮城勇大,柄 慎太郎, 正木千尋, 細川隆司:マウスを用いた口腔乾燥症発症メカニズムの解明 第6回補綴若手研究会 萩 平成29年3月11-12日


国際学会/シンポジウム/招待講演/特別講演

1.Fumiko Aonuma, Sen Higashi, Shintaro Tsuka, Tomoko Ohsumi, Ryuji Hosokawa, Hiroshi Takeuchi: Modification of osteoclast differentiation by the complement factor, ASIA-PACIFIC CONFERENCE, FUKUOKA, May 11, 2016.

2.Takashi Munemasa, Yusuke Kondo, Taro Mukaibo, Yuischiro Kusuda, Yuta Miyagi, Shintaro Tsuka, Chihiro Masaki, Ryuji Hosokawa: Diminished calcium release from endoplasmic reticulum induces salivary dysfunction in diabetic mouse model, ASIA-PACIFIC CONFERENCE, FUKUOKA, May 11, 2016.

3.Tomotaka Nodai, Kentaro Ono, Suzuro Hitomi, Misa Ito, Chihiro Masaki,Ryuji Hosokawa, Kiyotoshi Inenaga: The change of pain-associated mediators and genes in acetic acid-induced oral ulcerative mucositis model, ASIA-PACIFIC CONFERENCE, FUKUOKA, May 11, 2016.

4.Hiroaki Tada, Chihiro Masaki, Saori Misumi, Akiko Tamura, Shintaro Tsuka, Taro Mukaibo,  Yusuke Kondo, Ryuji Hosokawa: Can probiotics prevent peri-implantitis? -The effect of probiotics approach on bacterial flora in implant maintenance-, The 11th Scientific Meeting of the Asian Academy of Osseointegration, Thailand, June 3-4, 2016.

5.Saori Misumi, Akiko Tamura, Shintaro Tsuka, Taro Mukaibo, Yusuke Kondo, Chihiro Masaki, Ryuji Hosokawa: Chronological change in oral health-related quality of life with implant prosthodontic intervention for partially edentulous patients, The 11th Scientific Meeting of the Asian Academy of Osseointegration, Thailand, June 3-4, 2016.

6.Yujiro Iwanabe, Akiko Tamura, Saori Misumi, Shintaro Tsuka, Taro Mukaibo, Yusuke Kondo, Chihiro Masaki, Ryuji Hosokawa: The effects of low-intensity pulsed ultrasound (LIPUS) on soft tissue healing - an in vitro study, The 11th Scientific Meeting of the Asian Academy of Osseointegration, Thailand, June 3-4, 2016.

7.Fumiko Aonuma, Shintaro Tsuka, Chihiro Masaki, Ryuji Hosokawa, Hiroshi Takeuchi: Effect of Complement C1q on Osteoclast Differentiation, The 94th General Session & Exhibition of the IADR, Seoul, June 22-25, 2016.

8.Takashi Munemasa, Taro Mukaibo, Yusuke Kondo, Yuichiro Kusuda, Yuta Miyagi, Shintaro Tsuka, Chihiro Masaki, Ryuji Hosokawa: Diminished [Ca2+]i Increase Induces Salivary Dysfunction in Diabetic Mouse Model, The 94th General Session & Exhibition of the IADR, Seoul, June 22-25, 2016.

9.Yujiro Iwanabe, Chihiro Masaki, Akiko Tamura, Shintaro Tsuka, Taro Mukaibou, Yusuke Kondo, Ryuji Hosokawa: The Effect of LIPUS against Wound Healing in Epithelial Cells, The 94th General Session & Exhibition of the IADR, Seoul, June 22-25, 2016.

10.Tomotaka Nodai, Kentaro Ono, Suzuro Hitomi, Misa Ito, Chihiro Masaki,Ryuji Hosokawa, Kiyotoshi Inenaga: Pain-associated mediators and genes in acetic acid-induced oral ulcerative mucositis, The 16th World Congress on Pain, Yokohama, September 26-30, 2016.

11.Yujiro Iwanabe, Shintaro Tsuka, Akiko Tamura, Saori Misumi, Taro Mukaibou, Yusuke Kondo, Chihiro Masaki, Ryuji Hosokawa: Low-intensity pulsed ultrasound snhanced wound healing in gingival epithelial cells, 25th annual scientific meeting of the european association for osseointegration, Paris, September 29-October 1, 2016.

11.Tomotaka Nodai, Suzuro Hitomi, Kentaro Ono, Chihiro Masaki, Ryuji Hosokawa: Endothelin receptor is the key for prevention of mucositis pain, The 95th General Session & Exhibition of the IADR, San Francisco, March 22-25, 2017.

12.Yuki  Hirata, Takashi Toyono, Ryuji Hosokawa, Yuji Seta: Promoter analysis for the mouse amino acids receptor T1R1 gene, The 95th General Session & Exhibition of the IADR, San Francisco, March 22-25, 2017.

13.Yuichiro Kusuda, Yusuke Kondo, Takashi Munemasa, Yuta Miyagi, Shintaro Tsuka, Taro Mukaibo, Chihiro Masaki, Ryuji Hosokawa: Corticosteroid Treatment Affects Mouse Submandibular Gland Function, The 95th General Session & Exhibition of the IADR, San Francisco, March 22-25, 2017.

シンポジウム

1.近藤祐介,中本哲自,向坊太郎,宗政翔,楠田優一郎,宮城勇大,柄慎太郎,正木千尋,細川隆司:マウスを用いた唾液腺の生理学的解析 第58回歯科基礎医学会学術大会・総会サテライトシンポジウム 札幌 平成28年8月24-26日


原著論文/症例報告/総説

1. Yoshida T, Masaki C, Komai H, Misumi S, Mukaibo T, Kondo Y, Nakamoto T, Hosokawa R.  Changes in oral health-related quality of life during implant treatment in partially edentulous patients: A prospective study. J Prosthodont Res. 2016 Oct;60(4):258-264.

2. Iwanabe Y, Masaki C, Tamura A, Tsuka S, Mukaibo T, Kondo Y, Hosokawa R. The effect of low-intensity pulsed ultrasound on wound healing using scratch assay in epithelial cells. J Prosthodont Res. 2016 Oct;60(4):308-314.

3. Takashi Munemasa, Taro Mukaibo, Yusuke Kondo, Chihiro Masaki, Yuichiro Kusuda, Yuta Miyagi, Shintaro Tsuka, Ryuji Hosokawa, Tetsuji Nakamoto: Salivary gland hypofunction in KK-Ay type 2 diabetic mice. Journal of Diabetes. In press, 2017.



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◉平成27年度研究業績一覧(平成27年4月〜平成28年3月)

学会発表(国内)

1.柄慎太郎,竹内弘,青沼史子,東泉,大住伴子,正木千尋,細川隆司:オステオカルシンによる培養筋管細胞のインスリン応答促進 第75回九州歯科学会総会学術大会 北九州 平成27年5月23-24日

2. 後藤修一郎,向坊太郎,正木千尋,外間宏亨,近藤祐介,中本哲自,細川隆司:バイオフィードバック療法によるブラキシズムの抑制と睡眠時ストレスとの関係 第75回九州歯科学会総会学術大会 北九州 平成27年5月23-24日

3. 吉田忠司,三隅沙緒理,正木千尋,向坊太郎,近藤祐介,中本哲自,細川隆司:少数歯欠損に対するインプラント治療介入の口腔関連QOL評価 第75回九州歯科学会総会学術大会 北九州 平成27年5月23-24日

4. 外間宏亨,向坊太郎,正木千尋,高橋英敬,近藤祐介,三隅沙緒理,平田祐基,中本哲自,細川隆司: バイオフィードバック療法によるブラキシズムの抑制が睡眠時ストレスに与える影響 第124回日本補綴歯科学会学術大会 大宮 平成27年5月29日-5月31日

5. 我如古清太,正木千尋,柴田陽,向坊太郎,近藤祐介,中本哲自,宮崎隆,細川隆司:コラーゲン架橋構造が下顎骨の脆性破壊強度に及ぼす影響 第124回日本補綴歯科学会学術大会 大宮 平成27年5月29-31日

6. 宗政翔,向坊太郎,近藤祐介,楠田優一郎,宮城勇大,正木千尋,細川隆司, 中本哲自:KK-Ay 糖尿病モデルマウスにおける唾液腺機能低下 第57回歯科基礎医学会学術大会・総会 新潟 平成27年9月11-13日

7. 岩鍋裕次郎,正木千尋,田村暁子,柄慎太郎,我如古清太,向坊太郎,近藤祐介,細川隆司:低出力超音波パルスは歯肉創傷治癒モデルの創閉鎖を促進する 平成27年度公益社団法人日本補綴歯科学会九州支部学術大会 北九州 平成27年8月23日

8. 青沼史子,竹内弘,細川隆司:補体成分C1の破骨細胞分化への影響 第45回日本口腔インプラント学会学術大会 岡山 平成27年9月21-23日

9. 多田博昭,正木千尋,近藤祐介,向坊太郎,細川隆司:インプラントメインテナンスにおけるプロバイオティクスの効果―口腔細菌叢に対する影響― 第45回日本口腔インプラント学会学術大会 岡山 平成27年9月21-23日

10. 外間宏亨,正木千尋,柄慎太郎,近藤祐介,細川隆司:咬合接触評価装置を用いた睡眠時ブラキシズム診断の試み 日本口腔インプラント学会 第33回九州支部学術大会 佐賀 平成28年1月30-31日

11. 岩鍋裕次郎,正木千尋,田村暁子,近藤祐介,細川隆司:歯肉創傷治癒に対する低出力超音波パルスの影響について 日本口腔インプラント学会 第33回九州支部学術大会 佐賀 平成28年1月30-31日


国際学会/シンポジウム/招待講演/特別講演

1. Mukaibo T, Nakamoto T, Masaki C, Takahashi H, Kondo Y, Misumi S, Hosokawa R: Nighttime Electromyogram Biofeedback Affects Physical Stress, 2015 Biennial Joint Congress of JPS-CPS-KAP, Hakone, Apr 10-12, 2015.

2. Hokama H, Masaki C, Hosokawa R: The effects of nighttime biofeedback therapy on sleep bruxism and physical stress, 32nd Year of the ICP & Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists, Seoul, Sep 17-20, 2015.

3. Masaki C, Mukaibo T, Kondo Y, Terada M, Murakami T, Takahashi A, Hosokawa R: A 9-year retrospective study of immediate loading implants in the fully edentulous maxilla, The 24th European Association for Osseointegration Annual Scientific Meeting, Stockholm, Sep 24-26, 2015.

4. Munemasa T, Mukaibo T, Kondo Y, Kusuda Y, Miyagi Y, Tsuka S, Masaki C, Hosokawa R: Salivary dysfunction in diabetic KK-Ay mouse model, Interdisciplinary Medical, Dental and Soft-material Researches on the move, Kitakyushu, Jan 22-23, 2016.


原著論文/症例報告/総説

1. Ganeko K, Masaki C, Shibata Y, Mukaibo T, Kondo Y, Nakamoto T, Miyazaki T, Hosokawa R. Bone aging by advanced glycation end products: multi-scale mechanical analysis. J Dent Res. 94:1684-1690, 2015. 

2. Goto S, Masaki C, Mukaibo T, Takahashi H, Kondo Y, Nakamoto T, Hosokawa R. The effects of nighttime electromyogram biofeedback on sleep quality and psychological stress. International Journal of Stomatology and Occlusion Medicine. 8:63-69, 2015.  

3. Masaki C, Nakamoto T, Mukaibo T, Kondo Y, Hosokawa R. Strategies for alveolar ridge reconstruction and preservation for implant therapy. J Prosthodont Res. 59:220-228. 2015.

4. Peña-Münzenmayer G, Catalán MA, Kondo Y, Jaramillo Y, Liu F, Shull GE, Melvin JE. AE4 (SLC4a9) Anion Exchangers Drive Cl- Uptake-dependent Fluid Secretion by Mouse Submandibular Gland Acinar Cells. J Biol Chem. 290: 10677–88, 2015. 

5. Catalán MA, Kondo Y, Peña-Munzenmayer G, Jaramillo Y, Liu F, Choi S, Crandall E, Borok Z, Flodby P, Shull GE, Melvin JE. A fluid secretion pathway unmasked by acinar-specific Tmem16A gene ablation in the adult mouse salivary gland. Proc Natl Acad Sci USA. 112: 2263-68, 2015. 

6. Hosokawa R.  Minimally invasive interventions for replacing missing teeth with implants: current status and future perspective. J Prosthodont Res. 2015 Apr;59(2):79-80.




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◉平成26年度研究業績一覧(平成26年4月〜平成27年3月)

学会発表(国内)

1. 田村暁子,正木千尋,向坊太郎,近藤祐介,中本哲自,細川隆司:模擬微小重力環境における 口腔粘膜上皮細胞の挙動について 第74回九州歯科学会総会学術大会 北九州 平成26年5月31日-6月1日

2. 我如古清太,正木千尋,妹尾吉則,向井知理,向坊太郎,近藤祐介,中本哲自,細川隆司:インプラント治療における骨質の術前診断は可能か? —コラーゲン架橋から骨質を考える— 第123回日本補綴歯科学会学術大会 仙台 平成26年5月23-26日

3. 田村暁子,正木千尋,妹尾吉則,向井知理,向坊太郎,近藤祐介,中本哲自,細川隆司:人工微小重力環境が口腔粘膜上皮細胞へ及ぼす影響 第123回日本補綴歯科学会学術大会 仙台 平成26年5月23-26日

4. 柄慎太郎, 青沼史子, 竹内弘, 細川隆司:骨格筋に対するオステオカルシンの影響について 第123回日本補綴歯科学会学術大会 仙台 平成26年5月23-26日

5. 中本哲自,細川隆司,中島啓介 : 重度歯周疾患と咬合崩壊に対し歯周外科治療とスタビライゼーション型スプリントによる顎位の補正およびインプラント補綴治療により対応した一症例 第74回九州歯科学会総会学術大会 北九州 平成26年5月31日-6月1日

6. 宗政翔,向坊太郎,近藤祐介,正木千尋,中本哲自,細川隆司:糖尿病の発症と唾液分泌量の変化~灌流腺組織法を用いたKKAy糖尿病モデルマウス解析~ 平成26年度公益社団法人日本補綴歯科学会九州支部学術大会 福岡 平成26年8月24日

7. 我如古清太, 正木千尋, 駒井英基, 岡本耕造, 細川隆司:非酵素的コラーゲン架橋によって骨強度の劣化は起るか?-卵巣摘出および高メチオニン食による検討- 第44回日本口腔インプラント学会学術大会 東京 平成26年9月12-14日

8. 田村暁子, 正木千尋, 妹尾吉訓, 中本哲自, 細川隆司:口腔インプラントは長期宇宙滞在に耐えられるか?-微小重力環境が株化歯肉上皮細胞(GE1)に与える影響- 第44回日本口腔インプラント学会学術大会 東京 平成26年9月12-14日

9. 柄慎太郎, 青沼史子, 竹内弘, 細川隆司:筋管細胞の糖取り込みにおけるオステオカルシンの影響 第44回日本口腔インプラント学会学術大会 東京 平成26年9月12-14日

10. 梶原基弘,塚本浩樹,中村智彰,駒井英基,細川隆司:多数歯欠損インプラント補綴における電動ブラシを用いたプラーク除去効果の比較 第44回日本口腔インプラント学会学術大会 東京 平成26年9月12-14日

11. 向坊太郎, 中本哲自, 塚本浩樹, 岡本耕造, 細川隆司:「口腔インプラント学」の教育効果-3 学年にわたる継続的評価- 第44回日本口腔インプラント学会学術大会 東京 平成26年9月12-14日

12. 柄慎太郎,青沼史子,細川隆司,平田雅人,竹内弘:C2C12 筋管における糖取り込みのオステオカルシンによる修飾 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 福岡 平成26年9月25-27日

13. 宗政翔,向坊太郎,近藤祐介,正木千尋,中本哲自,細川隆司:KK-Ay糖尿病モデルマウスにおける顎下腺の 組織学的および生理学的解析 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 福岡 平成26年9月25-27日

14. 柄慎太郎,青沼史子,細川隆司,平田雅人,竹内弘:C2C12 筋管における糖取り込みのオステオカルシンによる修飾 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 福岡 平成26年9月25-27日

15. 柄慎太郎,青沼史子,細川隆司,東泉,大住伴子,平田雅人,竹内弘:培養筋芽細胞を用いたオステオカルシンによる血糖調節修飾作用の検討 第67回日本薬理学会西南部会 北九州 平成26年11月23日

16. 向坊太郎, 三隅沙緒理, 正木千尋, 中本哲自, 細川隆司:無歯顎に対する即時荷重インプラント治療の9年間後向き臨床検討 日本口腔インプラント学会第32回九州支部学術大会 長崎 平成27年1月31日

17. 柄慎太郎,青沼史子,東泉,大住伴子,細川隆司,平田雅人,竹内弘:オステオカルシンによる筋管細胞の機能修飾 第88回日本薬理学会年会 名古屋 平成27年3月18-20日


国際学会/シンポジウム/招待講演/特別講演

1.     Kiyota Ganeko, Chihiro Masaki, Taro Mukaibo, Chisato Mukai, Yoshinori Seo, Yusuke Kondo, Tetsuji Nakamoto, Ryuji Hosokawa: Non-enzymatic collagen cross-links degrade bone quality in implant treatment, The 92th General Session & Exhibition of the IADR, Cape Town, Jun 25-28,2014

2.     Shintaro Tsuka, Fumiko Aonuma, Masato Hirata, Ryuji Hosokawa, Hiroshi Takeuchi: Effect of Osteocalcin on Skeletal Muscle Cells, The 92th General Session & Exhibition of the IADR, Cape Town, Jun 25-28,2014

3.     Akiko Tamura,  Chihiro Masaki, Yoshinori Seo, Chisato Mukai, Taro Mukaibo, Yusuke Kondo, Tetsuji Nakamoto, Ryuji Hosokawa : Microgravity Might Affect Peri-implant Mucosal Epithelial Cells During Space Flight, The 92th General Session & Exhibition of the IADR, Cape Town, Jun 25-28,2014

4.     Chihiro Masaki, Tetsuji Nakamoto, Taro Mukaibo, Norihiro Kajiwara, Chisato Mukai, Yusuke Kondo, Ryuji Hosokawa : Scenario-based simulation training on oral implantology for undergraduate dental students, The 9th Scientific Meeting of the Asian Academy of Osseointegration, Sapporo, Jul 4-5,2014

5.     Norihiro Kajiwara, Tetsuji Nakamoto, Chihiro Masaki, Taro Mukaibo, Chisato Mukai, Yusuke Kondo, Ryuji Hosokawa : The effect of zirconia abutment on microcirculation dynamics in soft tissue, The 9th Scientific Meeting of the Asian Academy of Osseointegration, Sapporo, Jul 4-5,2014

6.     Taro Mukaibo, Tetsuji Nakamoto, Chihiro Masaki, Yusuke Kondo, Norihiro Kajiwara, Akiko Tamura, Ryuji Hosokawa : Comparative Evaluation of Plaque Removal Efficacy of Three ElectricCleaning Devices in Edentulous Patients with Implant-supportedFull-arch Fixed Prostheses, The 9th Scientific Meeting of the Asian Academy of Osseointegration, Sapporo, Jul 4-5,2014

7.     Chihiro Masaki, Norihiro Kajiwara, Taro Mukaibo, Chisato Mukai, Yusuke Kondo, Tetsuji Nakamoto, Ryuji Hosokawa : Soft tissue biological response to zirconia and metal implant abutments compared with natural tooth, Indonesia Japan Prosthodontic Society Joint Meeting 2014, Bali, Oct 28-Nov 1,2014

8.     Shintaro Tsuka, Fumiko Aonuma, Sen Higashi, Tomoko Ohsumi, Ryuji Hosokawa, Masato Hirata, Hiroshi Takeuchi : Osteocalcin modifies insulin-induced glucose-uptake in cultured myotube, Asia-Pacific conference in Fukuoka 2015, Kitakyushu, Jan 24,2015

9.     Tetsuji Nakamoto, Taro Mukaibo, Chihiro Masaki, Yusuke Kondo, Ikuya Miyamoto, Yasuhiro Morimoto, Eijiro Jimi, Keisuke Nakashima, Michihiko Usui, Ryuji Hosokawa : The educational effect of “Oral Implantology” -Evaluation for three school yars-, Asia-Pacific conference in Fukuoka 2015, Kitakyushu, Jan 24,2015


原著論文/症例報告

1. Yamasaki T, Ariyoshi W, Okinaga T, Adachi Y, Hosokawa R, Mochizuki S, Sakurai K, Nishihara T. : The dectin 1 agonist curdlan regulates osteoclastogenesis by inhibiting nuclear factor of activated T cells cytoplasmic 1 (NFATc1) through Syk kinase.   J Biol Chem. 2014 Jul 4;289(27):19191-203

2. Kajiwara N, Masaki C, Mukaibo T, Kondo Y, Nakamoto T, Hosokawa R. : Soft tissue biological response to zirconia and metal implant abutments compared with natural tooth: microcirculation monitoring as a novel bioindicator.   Implant Dent. 2015 Feb;24(1):37-41

3. Imamura A, Nakamoto T, Mukaibo T, Munemasa T, Kondo Y, Kidokoro M, Masaki C, Hosokawa R. : Effects of beverage ingredients on salivary fluid secretion with an ex vivo submandibular gland perfusion system:Tannic acid as a key component for the inhibition of saliva secretion. Open Journal of Stomatology, 2015, 5, 12-18

4. Tsuka S, Aonuma F, Higashi S, Ohsumi T, Nagano K, Mizokami A, Kawakubo-Yasukochi T, Masaki C, Hosokawa R, Hirata M, Takeuchi H.: Promotion of insulin-induced glucose uptake in C2C12 myotubes by osteocalcin.   Biochem Biophys Res Commun. 2015 Apr 10;459(3):437-42

5. Tamura A, Masaki C, Seo Y, Mukai C, Mukaibo T, Kondo Y, Nakamoto T, Hosokawa R. : Microgravity might affect peri-implant mucosal epithelial cells during space flight.   International Journal of Prosthodontics & Restorative Dentistry. accepted in 2015


著 書/翻訳書

・矢谷博文,三浦宏之,細川隆司,小川 匠編

クラウンブリッジ補綴学 第5版(ほぼ全ての大学において採用されている標準的な教科書),医歯薬出版,2014/12



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◉平成25年度研究業績一覧(平成25年4月〜平成26年3月)

学会発表

1. 梶原基弘,正木千尋,森野美幸,山﨑徹,今村敦,村上貴也,中本哲自,細川隆司: レーザー血流計を用いたインプラントアバットメント周囲組織の微小循環動態評価 公益社団法人日本補綴歯科学会 第122回学術大会 平成25年5月18-19日,福岡

2. 今村敦,近藤祐介,向坊太郎,城所愛美,森野美幸,正木千尋,中本哲自,細川隆司:口腔乾燥リスク因子となる嗜好飲料成分の探索—生物学的スクリーニングの試み— 公益社団法人日本補綴歯科学会 第122回学術大会 平成25年5月18-19日,福岡

3. 森野美幸,正木千尋,村上貴也,今村敦,山崎徹,中本哲自,細川隆司:静脈内鎮静法併用下インプラント手術前後における自律神経機能および精神的ストレス評価 公益社団法人日本補綴歯科学会 第122回学術大会 平成25年5月18-19日,福岡

4. 山﨑徹,有吉渉,正木千尋,中本哲自,西原達次,細川隆司:CurdranはDectin-1を介して破骨細胞形成を抑制する 公益社団法人日本補綴歯科学会 第122回学術大会 平成25年5月18-19日,福岡

5. 柄慎太郎,細川隆司,竹内弘: オステオカルシンシグナル経路の検討 第73回 九州歯科学会総会・学術大会平成25年5月18日-19日 北九州

6. 向坊太郎,中本哲自,正木千尋,近藤祐介,森本泰宏,後藤哲哉,自見英治郎,宮本郁也,中島啓介,細川隆司:「口腔インプラント学」の受講の有無とインプラント治療に関する知識との関係について第2報 第32回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 平成25年7月12-13日,北海道

7. 正木千尋,向坊太郎,近藤祐介,中本哲自,北村知昭,西原達次,岩城重次,谷岡正行,細川隆司:口腔インプラント学における「シナリオベース実習」の実践 第32回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 平成25年7月12-13日,北海道

8. 鷲尾絢子,正木千尋,兒玉正明,粟野秀慈,中本哲自,平田ー土屋志津,北村知昭,細川隆司,冨永和宏,西原達次,岩城重次,谷岡正行,冨永和宏,西原達次,岩城重次,谷岡正行:実習用統合模型iDSimを用いた「シナリオベース実習」の展開 第32回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 平成25年7月12-13日,北海道

9. 柄慎太郎,青沼史子,竹内弘,細川隆司: オステオカルシンのホルモン様作用の解析 平成25年度 公益社団法人日本補綴歯科学会九州支部学術大会 平成25年8月24日-25日 佐賀

10. 中本哲自,向坊太郎,西野宇信,小城辰郎,永松浩, 佐伯桂,森川和政,藤田優子,正木千尋,北村知昭,細川隆司:診療参加型臨床実習の充実に向けた補綴系課題の検討 平成25年度 公益社団法人日本補綴歯科学会九州支部学術大会 平成25年8月24日-25日 佐賀

11. 梶原基弘,正木千尋,妹尾吉訓,中本哲自,細川隆司:ジルコニア製アバットメントがインプラント周囲歯肉の血流量および表面温度に及ぼす影響について 第43回 公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会、2013年 9月13-15日,福岡

12. 山﨑徹,向坊太郎,正木千尋,中本哲自,細川隆司:Curdranを用いた破骨細胞形成抑制効果の検討 第43回 公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会、2013年 9月13-15日,福岡

13. 中本哲自,正木千尋,向坊太郎,近藤祐介,細川隆司:口腔インプラント学の教育効果に関する検討 第43回 公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会 2013年9月13-15日,福岡

14. 山﨑徹,有吉渉,沖永敏則,細川隆司,西原達次:Curdran-dectin-1を介した新たな破骨細胞分化の制御機構 第55回 歯科基礎医学会学術大会・総会,2013年 9月20-22日,岡山

15. 正木千尋,向坊太郎,近藤祐介,中本哲自,細川隆司:歯肉上皮細胞に対する低出力超音波パルス照射の影響について 第5回CCNファミリー研究会 シンポジウム 2013年9月20日 岡山

16. 妹尾吉訓,自見英治郎,柄慎太郎,山崎徹,向井知理,向坊太郎,正木千尋,中本哲自,細川隆司:NF-kB非古典的経路による骨形成の制御 平成25年度 公益社団法人日本補綴歯科学会東北・北海道支部学術大会 平成25年10月12-13日 札幌

17. 柄慎太郎,青沼史子,竹内弘,細川隆司:オステオカルシンシグナル機構の研究 第3回補綴若手研究会 平成26年3月1-2日,2014 長崎

18. 我如古清太,正木千尋,向坊太郎,近藤祐介,妹尾吉訓,向井知理,中本哲自,細川隆司,柴田陽,宮﨑隆:口腔インプラント治療における最適な骨質とは何か?ーコラーゲン架橋から骨質を考えるー 第3回補綴若手研究会 平成26年3月1-2日,2014 長崎

19. 向坊太郎,宗政翔,今村敦,近藤祐介,正木千尋,中本哲自,細川隆司:糖尿病モデルを用いた口腔乾燥症発症メカニズム 第3回補綴若手研究会 平成26年3月1-2日,長崎




国際学会/シンポジウム/招待講演/特別講演

1. Yamasaki T, Ariyoshi W, Okinaga T, Hosokawa R, Nishihara T:Curdlan regulates osteoclastic differentiation and function 2nd Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and The Japanese Society for Bone and Mineral Research (IBMS-JSBMR), Kobe, 28 May-1 June ,2013

2. Kajiwara N, Masaki C, Kondo Y, Mukaibo T, Mukai C, Seo Y, Nakamoto T, Hosokawa R.: Evaluation of microcirculation dynamics in soft tissue around implant abutment. 2nd Meeting of the International Association for Dental Research – Asia Pacific Region, Bankok, Aug 21-23, 2013

3. Morino M, Masaki C, Seo Y, Mukai C, Mukaibo T, Kondo Y, Nakamoto T, Hosokawa R.: Characteristics of patients undergoing implant placement under intravenous sedation. 2nd Meeting of the International Association for Dental Research – Asia Pacific Region, Bankok, Aug 21-23, 2013

4. Tsuka S, Hosokawa R, Takeuchi H.: Functional modulation of adipocyte by osteocalcin. Asia-Pacific Conference in Fukuoka 2014 “International Symposium on Oral Education and Research at Kitakyushu” Kitakyushu, Jan 25. 2014

5. Misumi S, Nakamoto T, Kondo Y, Mukaibo T, Masaki C, Hosokawa R.: A prospective study of changes in Oral Health-Related Quality of Life measurements during immediate function implant procedures for edentulous individuals. Asia-Pacific Conference in Fukuoka 2014 “International Symposium on Oral Education and Research at Kitakyushu” Kitakyushu, Jan 25. 2014




原著論文/症例報告

1. Takahashi H, Masaki C, Makino M, Yoshida M, Mukaibo T, Kondo Y, Nakamoto T, Hosokawa R. Management of sleep-time masticatory muscle activity using stabilisation splints affects psychological stress. J Oral Rehabil. 2013 Dec;40(12):892-9.

2. Murakami T, Masaki C, Takahashi H, Makino M, Mukaibo T, Kondo Y, Nakamoto T,Hosokawa R.: Sleep bruxism is affected by peripheral benzodiazepine receptor gene polymorphisms. J Stomat Occ Med.2013 (in press)

3. Kidokoro M, Nakamoto T, Mukaibo T, Kondo Y, Munemasa T, Imamura A, Masaki C, Hosokawa R. Na+-K+-2Cl- co-transporter-mediated fluid secretion increases under hypotonic osmolarity in the mouse submandibular salivary gland. Am J Physiol Renal Physiol. 2014 (in press)

4. Misumi S, Nakamoto T, Kondo Y, Mukaibo T, Masaki C, Hosokawa R.: A prospective study of changes in oral health-related quality of life during immediate function implant procedures for edentulous individuals. Clin Oral Implants Res. 2014 (in press)

5. Morino M, Masaki C, Seo Y, Mukai C, Mukaibo T, Kondo Y, Nakamoto T, Shiiba S, Hosokawa R.:Non-randomized controlled prospective study on levels of stress and dysautonomia during perioperative period of implant surgery.J Prosthodont Res. 2014 (in press)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◉平成24年度研究業績一覧(平成24年4月〜平成25年3月)

学会発表

Japan-China Dental Conference 2012 平成24年4月26日 Chengdu, China

The effect of occlusal stabilization splints on psychological stress before and after sleep

H. Takahashi, C. Masaki, M. Makino, Y. Kondo, T. Nakamoto, M. Yoshida,R. Hosokawa


Japan-China Dental Conference 2012  平成24年4月26日 Chengdu, China

The relationship between sleep bruxism and peripheral-type benzodiazepine receptor gene polymorphism

C. Masaki, T. Murakami, M. Makino, H. Takahashi, Y. Kondo, T. Nakamoto, M. Yoshida, R. Hosokawa


第72回九州歯科学会総会学術大会 平成24年5月19日 岡山

平成23年度新規開講した口腔インプラント学の教育効果の検証

中本哲自,正木千尋,近藤祐介,向坊太郎,細川隆司


The 90th General Session & Exhibition of the IADR 平成24年6月20日-23日 Iguaz, Brazil

A Physiological Comparison of the Three Major Mammalian Salivary Glands

T. Nakamoto, J. Melvin, Y. Kondo, T. Mukaibo, M. Kidokoro, A. Imamura, C. Masaki and R. Hosokawa 


平成24年度社団法人日本補綴歯科学会中国四国・九州合同学術大会 平成24年9月1日-2日 広島

インプラント埋入計画部位ごとの骨質評価について〜下顎臼歯部における検討

向坊太郎,藤井貴寛,伊藤将吾,近藤祐介,正木千尋, 中本哲自,細川隆司


平成24年度社団法人日本補綴歯科学会中国四国・九州合同学術大会 平成24年9月1日-2日 広島

末梢型ベンゾジアゼピン受容体遺伝子多型と睡眠前後のストレス変化について

村上貴也,正木千尋,高橋英敬,近藤祐介,向坊太郎,吉田政樹,中本哲自,細川隆司


第54回歯科基礎医学会学術大会・総会 平成24年9月14日-16日 福島 

破骨細胞分化におけるDectin-1の作用について

山崎 徹,有吉 渉,沖永 敏則,細川隆司,西原達次


平成24年度社団法人日本補綴歯科学会東関東支部総会・第16回学術大会 平成24年11月18日 千葉

上顎即時荷重インプラントのリスクファクターの検討-術前CTデータを用いた解析-

近藤祐介, 正木千尋, 向坊太郎, 城所愛美, 向井知理, 中本哲自, 細川隆司


Asia-pacific conference in fukuoka 2013 平成25年1月26日 北九州

Gentennial History of Kyusyu Dental University and Dental Education in Japan

Ryuji Hosokawa


第2回補綴若手研究会 平成25年3月30日-31日 岡山

破骨細胞形成におけるDectin-1シグナルの作用

山崎徹,有吉渉,正木千尋,中本哲自,西原達次,細川隆司


第2回補綴若手研究会 平成25年3月30日-31日 岡山

ドライマウスの新規治療戦略樹立に関する研究

中本哲自,近藤祐介,向坊太郎,城所愛美,今村敦,正木千尋,細川隆司


第72回九州歯科学会総会学術大会 平成24年5月19日 北九州

インプラント埋入手術におけるストレス評価の試み

森野美幸,正木千尋,近藤祐介,向坊太郎,椎葉俊司,中本哲自,細川隆司


第121回日本補綴歯科学会総会学術大会 平成24年5月26日-27日

少数歯欠損患者に対するインプラント補綴治療介入による口腔関連QOLの経時的変化

三隅沙緒理,近藤祐介,正木千尋,駒井英基,佐藤義輝,向坊太郎,中本哲自,細川隆司


第31回 日本歯科医学教育学会総会および学術大会 平成24年7月20日-21日 岡山

「口腔インプラント学」の受講の有無とインプラント治療に関する知識との関係について

中本哲自,正木千尋,近藤祐介,向坊太郎,細川隆司


第31回 日本歯科医学教育学会総会および学術大会 平成24年7月20日-21日 岡山

次世代型実習用統合模型「iDSim」の開発

北村知昭,西原達次,細川隆司,中島啓介,冨永和宏,永松浩,中原孝洋,児玉正明,正木千尋,鷲尾絢子,岩城重次,谷岡正行


第 42 回(社)日本口腔インプラント学会・学術大会 平成24年9月21日-23日 大阪

歯科インプラント外来手術における自律神経機能および精神的ストレス評価の試み-静脈内鎮静法適用に関する検討-

森野美幸,正木千尋,高橋英敬,中本哲自,細川隆司


第 42 回(社)日本口腔インプラント学会・学術大会 平成24年9月21日-23日 大阪

新規開講した口腔インプラント学の教育効果に関する検証

近藤祐介,中本哲自,正木千尋,向坊太郎,細川隆司


日本口腔インプラント学会 第30回九州支部学術大会 平成25年1月26日 別府

低出力パルス超音波(LIPUS)治療器による軟組織創傷治癒の促進効果

向坊太郎,三隅沙緒理,村上貴也,我如古清太,細川隆司


Asia-pacific conference in fukuoka 2013 平成25年1月26日 北九州

The risk factor analysis of immediate-loaded implants in edentulous upper jaws

Chihiro Masaki, Yusuke Kondo, Taro Mukaibo, Tetsuji Nakamoto, Ryuji Hosokawa


Asia-pacific conference in fukuoka 2013 平成25年1月26日 北九州

Hyper-and hypo-osmolarity effect mice submandiblar gland function

Yusuke Kondo, Taro Mukaibo, Tetsuji Nakamoto, Ryuji Hosokawa 


Asia-pacific conference in fukuoka 2013 平成25年1月26日 北九州

Evaluation of the newly created "Oral Implantology" course for the undergraduates at kyushu dental collage 

Tetsuji Nakamoto, Chihiro Masaki, Yusuke Kondo, Taro Mukaibo, Ikuya Miyamoto, Tetsuya Goto, Yasuhiro Miyamoto, Eijiro Jimi


Gordon Research Conference, Salivary gland and exocrine biology 平成25年2月2日-4日 Texas, USA

T. Nakamoto, A. Imamura, Y. Kondo, T. Mukaibo, M. Kidokoro, C. Masaki, R. Hosokawa

Histological and physiological analysis of submandibular salivary gland from KK-Ay diabetic mice.


The 91th International Association for Dental Research 平成25年3月20日-23日 Seattle,USA

Effect of Dectin-1 signaling on osteoclastogenesis

T Yamasaki, W Ariyoshi, T Okinaga, R Hosokawa, T Nishihara 


The 91th International Association for Dental Research 平成25年3月20日-23日 Seattle,USA

Tannic acid inhibits salivation from ex vivo mouse submandibular glands

A Imamura, Y Kondo, T Mukaibo, M Kidokoro, C Masaki, T Nakamoto and R Hosokawa

Tannic acid inhibits salivation from ex vivo mouse submandibular glands



シンポジウム/招待講演/特別講演

Asia-pacific conference in fukuoka 2013 平成25年1月26日 北九州

Symposium I  “Grand Design for Education of Dentistry”

R. Hosokawa


Gordon Research Conference, Salivary gland and exocrine biology 平成25年2月2日-4日 Texas, USA

T. Nakamoto, A. Imamura, Y. Kondo, T. Mukaibo, M. Kidokoro, C. Masaki, R. Hosokawa

Histological and physiological analysis of submandibular salivary gland from KK-Ay diabetic mice.



原著論文/症例報告

Matsuo K, Akasaki Y, Adachi K, Zhang M, Ishikawa A, Jimi E, Nishihara T, Hosokawa R.

Promoting effects of thymosin β4 on granulation tissue and new bone formation after tooth extraction in rats

Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology 

Volume 114, Issue 1, July 2012, p17–26

Doi: 10.1016/j.tripleo.2011.05.025


T. Nakamoto, M. Kanao, Y. Kondo, N. Kajiwara, C. Masaki and R. Hosokawa

Two-dimensional real-time blood flow and temperature of soft tissue around maxillary anterior implants

Implant Dentistry 

Volume 21, Issue 6, December 2012, p522–527

Doi: 10.1097/ID.0b013e318272fe81


T. Maeda, C. Masaki, M. Kanao, Y. Kondo, A. Ohta, T. Nakamoto and R. Hosokawa

Low-intensity pulsed ultrasound enhances palatal mucosa wound healing in rats

Journal of Prosthodontic Research

Volume 57, Issue 2, April 2013, p93–98 

Doi: 10.1016/j.jpor.2012.11.001


M. Kanao, T. Nakamoto, T. Mukaibo, Y. Kondo, C. Masaki and R. Hosokawa

Comparison of plaque accumulation and soft-tissue blood flow with the use of full-arch implant-supported fixed prostheses with mucosal surfaces of different materials; A randomized clinical study

Clinical Oral Implants Research 

2013 In Press

Doi: 10.1111/j.1600-0501.2012.02523.x


Adachi K, Matsuo K, Akasaki Y, Kanao M, Maeda T, Ishikawa A, Hosokawa R.

Effects of thymosin β4 on the bone formation of calvarial defects in rats.

Journal of Prosthodontic Research

2013 In Press

Doi: 10.1016/j.jpor.2013.01.008


Akasaki Y, Matsuo K, Adachi K, Ishikawa A, Zhang M, Hosokawa R

Effects of thymosin β10 and β15 on wound healing in rat tooth extraction sockets

Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology

2013 In Press

Doi:10.1016/j.ajoms.2013.02.007


C Mukai, T Nakamoto, Y Kondo, A Ohta, C Masaki, R Hosokawa

Clinical Evaluation of Dental Metal Hazards and Therapeutic Effects of Shortwave Diathermy in Dental Medicine

International Journal of Prosthodontics & Restorative Dentistry

2013 In Press


T Mukaibo, T Nakamoto, Y Kondo, M  Kidokoro, A Imamura, C Masaki and R Hosokawa

Thermal influence of saliva secretion ex vivo in the mouse submandibular gland

Open Journal of Stomatology 

2013 In Press

Doi: 10.4236/ojst.2013.31015


著 書/翻訳書

細川隆司,中本哲自,正木千尋

見る目が変わる!「欠損歯列」の読み方,「欠損補綴」の設計   パラファンクションの病因・影響・対応の現在 

164-169頁   クインテッセンス出版株式会社  2013/1/10


===========================================

◉平成23年度研究業績一覧(平成23年4月〜平成24年3月)

学会発表

日本補綴歯科学会 第120回学術大会 平成23年5月20日 広島

唾液ストレスマーカーによるストレス耐性評価 −みつばち産品摂取の効果 −

伊東佑記,高橋英敬,牧野路子,正木千尋,中本哲自,細川隆司


第71回九州歯科学会総会 平成23年5月28-29日 北九州

β-thymosinsの歯科口腔外科治療応用に向けた基礎的研究

松尾拡,赤崎洋介,足立 和貴,金尾将人,前田崇雄,張皿,石川文隆,細川隆司


第41回日本口腔インプラント学会学術大会 平成23年9月16-18日 名古屋

無歯顎に対する即時荷重インプラント治療の5年間後向き臨床検討

細川隆司, 丸山俊正, 近藤祐介, 髙橋啓, 寺田征彦, 牧野路子, 正木千尋, 中本哲自


第41回日本口腔インプラント学会学術大会 平成23年9月16-18日 名古屋

2次元レーザー血流計を用いた無歯顎インプラント補綴の術後評価 -粘膜接触部位の検討- 

金尾将人,梶原基弘,正木千尋,中本哲自,細川隆司


第29回日本口腔インプラント学会九州支部学術大会 平成24年1月21-22日 宮崎

インプラント補綴治療中の口腔関連QOLの変化 -即時荷重の術式が及ぼす影響について-

三隅沙緒理,向井知理,正木千尋,中本哲自,細川隆司


第1回若手補綴研究会 2012年3月3-4日 広島

aly/alyマウスにおけるNF-kB2前駆体,p100蓄積による骨形成の亢進

妹尾吉訓,丸山俊正,細川隆司


第1回若手補綴研究会  2012年3月3-4日 広島

マウス顎下腺を用いた唾液腺研究

近藤祐介


第1回若手補綴研究会  2012年3月3-4日 広島

歯科領域における物理療法の応用

正木千尋


日本補綴歯科学会 第120回学術大会 平成23年5月20日 広島

2次元リアルタイムレーザー血流計を用いた補綴治療介入の術後評価

金尾将人,梶原基弘,中本哲自,近藤祐介,飯田太一,正木千尋,細川隆司


日本補綴歯科学会 第120回学術大会 平成23年5月20日 広島

患者立脚型アウトカム指標を用いたインプラント補綴治療介入術式の評価

三隅沙緒理,牧野路子,赤崎洋介,妹尾吉訓,正木千尋,中本哲自,細川隆司


日本補綴歯科学会 第120回学術大会 平成23年5月20日 広島

超短波療法の歯科口腔領域への応用-超短波パルス照射の唾液分泌能へ与える影響-

向井知理,城所愛美,向坊太郎,中本哲自,牧野路子,正木千尋,細川隆司


第71回九州歯科学会総会 平成23年5月28-29日 北九州

末梢型ベンゾジアゼピン受容体(PBR)遺伝子多型と睡眠時ブラキシズムとの関連について

村上貴也, 正木千尋, 高橋英敬, 牧野路子, 中本哲自, 細川隆司


第53回歯科基礎医学会学術大会・総会 平成23年9月30 - 10月2日 岐阜

NF-kB非古典的経路による骨形成の抑制

妹尾吉訓,福島秀文,片桐岳信,青木和広,永野健一,大谷啓一,細川隆司,自見英治郎


第59回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会 平成23年10月8-9日 広島

Hyper- and hypo- osmolarity on submandibular gland function

Manami Kidokoro, Atsushi Imamura, Yusuke Kondo, Taro Mukaibo, Chihiro Masaki, Ryuji Hosokawa, Tetsuji Nakamoto


第59回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会 平成23年10月8-9日 広島

Association of Peripheral-type Benzodiazepine Receptor gene Polymorphism

with Sleep Bruxism

Murakami T, Masaki C, Takahashi H, Makino M, Nakamoto T, Hosokawa R


平成23年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会 平成23年11月5日-6日 長崎

ナイトガード装着が睡眠前後における精神的ストレスに与える影響

高橋英敬,正木千尋,柄慎太郎,友枝圭,近藤祐介,丸山俊正,牧野路子,吉田政樹,中本哲自,細川隆司


第29回日本口腔インプラント学会九州支部学術大会 平成23年1月21-22日宮崎

インプラント補綴冷温刺激時の周囲組織表面温度および血流反応に関する予備的研究-インプラント周囲組織と歯周組織の違いについて-,

梶原基弘,金尾将人,正木千尋,中本哲自,細川隆司


第29回日本口腔インプラント学会九州支部学術大会 平成23年1月21-22日宮崎

メインテナンス器具がインプラント体およびアバットメント表面に及ぼす影響に

ついて

柄慎太郎,松田博文,河野寛二,大門弘治,細川隆司



シンポジウム/招待講演/特別講演

○中部インプラントアカデミー 平成23年7月24日,名古屋 (招待講演)

細川隆司

低侵襲手術と即時・早期荷重による患者のQOLを重視したインプラント治療の実際

―エビデンスに基づいた術前診断と術後管理のキーポイントを探る―



原著論文/症例報告

Ito Y, Fukushima H, Katagiri T, Seo Y, Hirata S, Zhang M, Hosokawa R, Jimi E. Lactacystin, a proteasome inhibitor, enhances BMP-induced osteoblastic differentiation by increasing active Smads. Biochem Biophys Res Commun. 407:225-229. 2011.


Kondo Y, Nakamoto T, Mukaibo T, Kidokoro M, Masaki C, Hosokawa R. Cevimeline-induced monophasic salivation from the mouse submandibular grand: decreased Na+ content in saliva results from specific and early activation of Na+/H+ exchange. J. Pharmacol. Exp. Ther. 331: 267-274, 2011. 


Iida T, Ono K, Inagaki T, Hosokawa R, Inenaga K. Nicotinic receptor agonist-induced  salivation and its cellular mechanism in parotid acini of rats. Auton Neurosci. 161:81-86 2011 .


Murashima Y, Masaki C, Makino M, Kojo T, Nakamoto T, Hosokawa R. The tumor necrosis factor-alpha gene -857 single-nucleotide polymorphism is associated with early implant failure in Asian patients. International Journal of Oral Implantology and Clinical Research. 2: 1-6, 2011. 


Shiraishi R, Masaki C, Toshinaga A, Okinaga T, Nishihara T, Yamanaka N, Nakamoto T, Hosokawa R. The Effects of Low-intensity Pulsed Ultrasound Exposure on Gingival Cells. J. Periodontol. 82, 1498-503, 2011. 


Tomoeda K, Makino M, Masaki C, Moritsuchi Y, Tsuda T, Nakamoto T, Hosokawa R. Sleep bruxism needs deep sleep stages and seems to reduce psychological stress. International Journal of Stomatology and Occlusion Medicine. 4: 54-58,2011. 


Taniguchi R, Masaki C, Murashima Y, Makino M, Kojo T, Nakamoto T, Hosokawa R. DNA Amplification Using Phi29 DNA Polymerase Validates Gene Polymorphism Analysis from Buccal Mucosa Samples. J. Prosthodont. Res. 55: 165-70,2011. 


Seo Y, Fukushima H, Maruyama T, Kuroishi KN, Osawa K, Nagano K, Aoki K, Weih F, Doi T, Zhang M, Ohya K, Katagiri T, Hosokawa R, Jimi E. Accumulation of p100, a precursor of NF-κB2, enhances osteoblastic differentiation in vitro and bone formation in vivo in aly/aly mice. Mol Endocrinol. 26: 414-22 2012. 


著 書/翻訳書

細川隆司, 中本哲自, 正木千尋:

プロソドンティクス第Ⅰ巻 総論:咬合・咀嚼障害の診断と治療 資質欠損の治療

永末書店, 171-203, 227-234, 2011


細川隆司, 中本哲自, 正木千尋, 丸山俊正, 近藤祐介, 牧野路子:

日本人のための最新All-on-4マニュアル 全顎即時荷重インプラント治療を成功に導くために

医歯薬出版, 2011


===========================================

◉平成22年度研究業績一覧(平成22年4月〜平成23年3月)

学会発表

○第70回九州歯科学会総会 記念学会 平成22年5月22日 北九州

向坊太郎,中本哲自,近藤祐介,城所愛美,正木千尋,細川隆司:

ムスカリン性刺激薬による唾液分泌と温度の関係

○第119回 社団法人日本補綴歯科学会 学術大会 平成22年6月11日-13日東京

友枝圭,牧野路子,正木千尋,中本哲自,細川隆司:

精神的ストレスマーカー検査による睡眠時ブラキシズムの発症リスク診断法の開発

○第119回 社団法人日本補綴歯科学会 学術大会 平成22年6月11日-13日東京

向井知理,牧野路子,正木千尋,中本哲自,細川隆司:

超短波療法の歯科口腔領域への応用に関する研究 ‐金属修復物に対する影響について‐

○88th General Session & Exhibition of the IADR, 平成22年7月14日-17日Barcelona, Spain (Competition 発表)

Tomoeda, K., Masaki, C., Makino, M., Takahashi, H., Nakamoto, T., Hosokawa, R.:

Relationships between sleep stage, psychological stress biomarker and sleep bruxism

○88th General Session & Exhibition of the IADR, 平成22年7月14日-17日Barcelona, Spain

Hosokawa, R., Torii, S., Makino, M., Sekine, J., Kasugai, S.:

Clinical outcome of immediate-loaded implants: 12-year multicenter study in Japan

○88th General Session & Exhibition of the IADR, 平成22年7月14日-17日Barcelona, Spain

Nakamoto, T., Melvin, J. E.:

Contributions of Na+ -H+ exchange in submandibular gland

○88th General Session & Exhibition of the IADR, 平成22年7月14日-17日Barcelona, Spain 

Makino, M., Masaki, C., Takahashi, A., Kimura, K., Nakamoto, T., Hosokawa, R.;

Risk factors of the immediate-loaded implants: five year retrospective study

○88th General Session & Exhibition of the IADR, 平成22年7月14日-17日Barcelona, Spain 

Shiraishi, R., Masaki, C., Toshinaga, A., Ito, Y., Maruyama, T., Nakamoto, T., Hosokawa, R.;

The Effects of Low-intensity Pulsed Ultrasound Stimulation on Gingival Cells

○第 40 回(社)日本口腔インプラント学会・学術大会 平成22年9月17日-19日 札幌

赤崎洋介,足立 和貴,金尾将人,前田崇雄,細川隆司

β-thymosinsが抜歯窩治癒過程に及ぼす効果の検討

○第 40 回(社)日本口腔インプラント学会・学術大会 平成22年9月17日-19日 札幌

妹尾吉訓,丸山俊正,細川隆司

aly/alyマウスではBMPによるSmad1/5/8のリン酸化が亢進することで骨形成が亢進する

○第 40 回(社)日本口腔インプラント学会・学術大会 平成22年9月17日-19日 札幌

熊澤洋一,西山貴浩,桑折欣也,細川隆司,荘村泰治:

歯肉形態情報を考慮したシミュレーションソフトウェアを用いた補綴主導型インプラント手術支援

○第 40 回(社)日本口腔インプラント学会・学術大会 平成22年9月17日-19日 札幌

村嶋勇飛, 正木千尋, 牧野路子, 中本哲自, 細川隆司

インプラント喪失と遺伝子多型の関連について-IL-1β(+3954)およびTNF-α(-857)の検討-

○第52回 歯科基礎医学会 学術大会,平成22年9月20日-22日 東京

妹尾吉訓,福島秀文,片桐岳信,青木和広,永野健一,大谷啓一,細川隆司,自見英治郎:

aly/alyマウスにおける骨形成メカニズムの解明

○第52回 歯科基礎医学会 学術大会,平成22年9月20日-22日 東京

飯田太一,小野堅太郎,細川隆司,稲永清敏

ニコチンによるラット耳下腺腺房細胞の細胞内Ca2+動態

○平成22年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会 平成22年11月27日-28日,熊本 

金尾将人,梶原基弘,牧野路子,正木千尋,中本哲自,細川隆司

2次元リアルタイムレーザー血流計を用いた口腔粘膜診断の試み

○第28回(社)日本口腔インプラント学会 九州支部学術大会 平成23年1月22日-23日,鹿児島 

前田崇雄,白石龍太郎,向井知理, 正木千尋,細川隆司

低出力超音波パルス照射による抜歯窩治癒への影響

○第28回(社)日本口腔インプラント学会 九州支部学術大会 平成23年1月22日-23日 鹿児島 

金尾将人,稲垣智浩,牧野路子,中本哲自,細川隆司

歯肉付きインプラント上部構造基底面の材料選択に関する臨床的検討

○89th General Session & Exhibition of the IADR, 平成23年3月16日-19日San Diego, USA

Kidokoro, M., Kondo, Y., Mukaibou, T., Masaki, C., Hosokawa, R., Nakamoto, T.;

The effects of hyper- and hypo-osmolarity on saliva secretion

○89th General Session & Exhibition of the IADR, 平成23年3月16日-19日San Diego, USA

Mukai, C., Nakamoto, T., Makino, M., Masaki, C., Hosokawa, R.;

Effectsof intra-oral metal restorations on shortwave diathermy

○89th General Session & Exhibition of the IADR, 平成23年3月16日-19日San Diego, USA

Seo, Y., Fukushima, H., Maruyama, T., Aoki, K., Nagano, K., Ohya, K., Hosokawa, R., Jimi, E.;

Physiological and Ectopic Bone Formation is Increased in aly/aly Mice

○89th General Session & Exhibition of the IADR, 平成23年3月16日-19日San Diego, USA

Masaki, C., Nakamoto, T., Nakagawa, F., Makino, M., Hosokawa, R.;

The anatomical risk factor analysis of immediate-loaded implants


シンポジウム/招待講演/特別講演

○中部インプラントアカデミー 平成22年7月24日,名古屋 (招待講演)

細川隆司

低侵襲手術と即時・早期荷重による患者のQOLを重視したインプラント治療の実際

―エビデンスに基づいた術前診断と術後管理のキーポイントを探る―

○日本顎咬合学会平成22年度認定医教育研修会九州支部 平成22年8月1日,福岡 (招待講演)

細川隆司

咬合崩壊に向かう高リスク症例にどう立ち向かうかー咬合スコアの意義と臨床的対応ー

○第 40 回(社)日本口腔インプラント学会・学術大会 平成22年9月17日-19日 札幌 (課題講演)

正木千尋,中川文雄,牧野路子,中本哲自,細川隆司:

術前CTデータを用いたインプラント即時荷重におけるリスクファクターの検討

○日本顎咬合学会平成22年度認定医教育研修会関東・甲信越支部 平成22年9月25日~26日,東京(招待講演)

細川隆司

咬合崩壊に向かう高リスク症例にどう立ち向かうかー咬合スコアの意義と臨床的対応ー

○日本顎咬合学会平成22年度認定医教育研修会東北支部 平成22年10月2日~3日、宮城 (招待講演)

細川隆司

咬合崩壊に向かう高リスク症例にどう立ち向かうかー咬合スコアの意義と臨床的対応ー

○第6回日本国際歯科大会the Q & QDT Symposium 平成22年10月8日~10日,横浜

細川隆司

世界のトップが語る2010年の到達点と未来(診断システム)最新テクノロジーとマテリアルの融合が可能にする新しい境地

○日本顎咬合学会平成22年度認定医教育研修会北海道支部 平成22年10月16日~17日,北海道(招待講演)

細川隆司

咬合崩壊に向かう高リスク症例にどう立ち向かうかー咬合スコアの意義と臨床的対応ー

○第10回日本外傷歯学会総会・学術大会 平成22年11月13日,福岡 (招待講演)

細川隆司

天然歯の外傷からインプラント補綴治療介入を考える

○第8回北九州ドライマウス研究会 平成22年11月25日,北九州

中本哲自

唾液分泌促進物質の機能評価 

○平成22年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会 平成22年11月27日-28日,熊本 (招待講演)

中本哲自

補綴治療介入におけるリスクファクターとしての唾液分泌障害:そのメカニズムと治療戦略

○平成22年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会 平成22年11月27日-28日,熊本 (生涯学習公開セミナー 講師)

細川隆司

「咬合力のコントロールという視点からインプラント補綴治療介入を考える

-咀嚼機能の長期維持を目指す治療戦略とリスク回避の方法論-」

○日本顎咬合学会平成22年度認定医教育研修会中部支部 平成22年12月4日,名古屋 (招待講演)

細川隆司

咬合崩壊に向かう高リスク症例にどう立ち向かうかー咬合スコアの意義と臨床的対応ー

○日本顎咬合学会 平成22年度認定医教育研修会中・四国 近畿支部 平成23年2月13日, 大阪 (招待講演)

細川隆司

咬合崩壊に向かう高リスク症例にどう立ち向かうかー咬合スコアの意義と臨床的対応ー

○日本臨床口腔外科医会 (招待講演) 平成23年3月5日

細川隆司

Implant failureのリスク分析と臨床的対応 -補綴の視点から-



原著論文/症例報告

Kimura K, Fukase Y, Makino M, Masaki C, Nakamoto T, Hosokawa R.: Preoperative assessment of treatment planning on minimization of micro-movement during healing period of immediate-loaded implants using X-ray CT data-based simulation. J Oral Implantol. 2010 Jun 17 (2010)

Maruyama T, Fukushima H, Nakao K, Shin M, Yasuda H, Weih F, Doi T, Aoki K, Alles N, Ohya K, Hosokawa R, Jimi E.: Processing of the NF-kappa B2 precursor p100 to p52 is critical for RANKL-induced osteoclast differentiation. J Bone Miner Res. 25:1058-67. (2010)

Inagaki T, Ono K, Masuda W, Iida T, Hosokawa R, Inenaga K.: Differences in the Ca2+ response resulting from neurotransmitter stimulations of rat parotid acini and ducts. Auton Neurosci. 154(1-2):102-7 (2010)

Taniguchi R., Masaki C., Murashima Y., Makino M., Nakamoto T., Hosokawa R.: DNA amplification using phi29 DNA polymerase validates gene polymorphism analysis from buccal mucosa samples. Journal of Prosthodontic Research. (2011 in press)

Murashima Y, Masaki C, Makino M, Kojo T, Nakamoto T, Hosokawa R: The tumor necrosis factor-alpha gene -857 single-nucleotide polymorphism is associated with early implant failure in Asian patients. International Journal of Oral Implantology and Clinical Research. (2011 in press)

Kondo Y, Nakamoto T, Mukaibo T, Kidokoro M, Masaki C, Hosokawa R.: Cevimeline induced monophasic salivation from the mouse submandibular gland: decreased Na+ content in saliva results from specific and early activation of Na+/H+ exchange. J Pharmacol Exp Ther. 337(1):267-74. (2011)

Shiraishi R, Masaki C, Toshinaga A, Okinaga A, Nishihara T, Yamanaka N, Nakamoto T, Hosokawa R.: The Effects of Low-intensity Pulsed Ultrasound Exposure on Gingival Cells. J. Periodontol. Accepted  (2011 in press)

Kimura K, Fukase Y, Makino M, Masaki C, Nakamoto T, Hosokawa R.: Three-dimensional finite element analysis of fixed complete-arch prostheses supported by 4 immediate-loaded implants in the completely edentulous maxilla using clinical computerized tomography data. J Oral Implantol.;37 (2):96-105. (2011)


著 書/翻訳書

細川隆司,中本哲自,正木千尋:無歯顎の診査・診断,補綴臨床別冊 最新インプラント補綴トリートメントガイド,医歯薬出版,45-54,2010 

細川隆司,正木千尋,牧野路子,中本哲自:補綴臨床 第43巻 第3号 別刷 再考―安全確実な上顎インプラントを考える 上顎インプラント治療における診断と術式選択,医歯薬出版,302-308,2010

細川隆司,正木千尋:Dawson ファンクショナル・オクルージョン 機能運動における切歯の運動領域,機能的スマイルデザイン,医歯薬出版,127-138, 2010  (翻訳)

細川隆司,正木千尋: 「よくわかる口腔インプラント学」 (第二版)2011年1月発刊,医歯薬出版



===========================================

◉平成21年度研究業績一覧(平成21年4月〜平成22年3月)

学会発表

○第69回 九州歯科学会総会,2009/5/30, 北九州

丸山俊正,福島秀文,中尾加代子,赤崎洋介,伊東佑記,足立和貴,壽永旭博,松尾拡,西原達次,細川隆司,自見英治郎:

基礎歯科医学を基盤としたトランスレーショナルリサーチへの展開-NIKの骨代謝における役割-,

○第69回 九州歯科学会総会,2009/5/30,北九州

小野堅太郎,稲垣智浩,細川隆司,稲永清敏:

ラット耳下腺細胞における催唾剤による細胞内カルシウム濃度上昇,

○第11回 外分泌腺国際シンポジウム, 徳島09, 2009/7/23-25,Tokushima

Nakamoto, T., Brown, D. A., Catalan, M. A., Gonzalez-Begne, M.,Romanenko, V.G., Melvin, J. E.: 

Purinergic P2X7 receptors mediate ATP-induced saliva secretion by the mouse submandibular gland, 

白土州,福島秀文,片桐岳信,細川隆司,自見英治郎:BMP刺激依存的にSmad1と結合するタンパク質の同定,第51回 歯科基礎医学会学術大会・総会,2009/9/9-11,新潟

白石龍太郎,正木千尋,壽永旭博,牧野路子,原哲三,中本哲自,細川隆司:マウス由来歯肉上皮細胞に及ぼす低出力超音波パルスの影響について,第39回 (社)日本口腔インプラント学会・学術大会,第29回 (社)日本口腔インプラント学会中国・四国支部総会・学術大会併催,2009/9/25-27,大阪

足立和貴,赤崎洋介,金尾将人,前田崇雄,正木千尋,中本哲自,松尾拡,細川隆司:Thymosin β4がラット骨欠損の治癒に及ぼす効果の検討,平成21年度 日本補綴歯科学会 九州支部学術大会,2009/10/11,福岡

白石龍太郎,正木千尋,中本哲自,細川隆司:低出力超音波パルスが歯肉上皮細胞に及ぼす影響について,平成21年度 日本補綴歯科学会 九州支部学術大会,2009/10/11,福岡

細川隆司:市民フォーラム審美歯科治療とインプラント̶歯科治療によるアンチエイジングの最前線̶,平成21年度 日本補綴歯科学会 九州支部学術大会,2009/10/11,福岡

細川隆司:日本における Immediate Loading の臨床評価 ―多施設臨床研究および当科の症例分析から見えてきたもの―」,第13回日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会,2009/12/12,佐賀市

細川隆司:インプラント治療の患者満足度評価,第13回日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会,2009/12/12,佐賀市

友枝圭,牧野路子,正木千尋,稲垣智浩,中本哲自,細川隆司:睡眠時ブラキシズムの発症要因に関する検討 - 睡眠段階およびストレスマーカーとの関連について -,2010/2/27-28,第27回 (社)日本口腔インプラント学会九州支部学術大会,福岡市

前田崇雄,白石龍太郎,正木千尋,足立和貴,近藤祐介,中本哲自, 細川隆司: 低出力超音波パルス照射により軟組織創傷治癒促進効果を認めた一症例, 低出力超音波パルス照射により軟組織創傷治癒促進効果を認めた一症例,2010/2/27-28,第27回 (社)日本口腔インプラント学会九州支部学術大会,福岡市

Kondo, Y., Nakamoto, T., Kidokoro, M., Mukaibou, T., Masaki. C., Hosokawa, R.: Cevimeline induced salivation from perfused mouse submandibular glands, 87th General Session & Exhibition of the IADR, 2009/4/02, Miami, USA

Makino M., Masaki C., Takahashi A., Kimura K., Nakamoto T., Hosokawa R.: A 3-year Retrospective Study of the Immediate Functional Loaded Dental Implants in Edentulous Patients. The 50th Anniversary of KAP, International Prosthodontic Congress, The 6th Biennial Meeting of Asian Academy of Prosthodontics(AAP),  2009/4/25, Seoul, KOREA

谷口良二,村嶋勇飛,正木千尋,中本哲自,細川隆司:遺伝子多型解析を用いたリスク診断システムの検討,第69回 九州歯科学会総会,2009/5/30,北九州

Toshinaga, A., Masaki, C., Hoskawa, R., Nishihara, T.: Mechanical stress enhances the production of inflammatory mediators from gingival epithelial cells, 第30回 日本炎症・再生医学会/ 第9回 国際炎症学会 合同開催, 2009/7/6-10, 東京

Kondo, Y. Nakamoto, T. Kidokoro, M. Mukaibo, T. Masaki, C. Hosokawa, R: Cevimeline and Pilocarpine induced salivation from perfused mouse submandibular gland, 第11回 外分泌腺国際シンポジウム, 徳島09, 2009/7/23-25,Tokushima

Kidokoro, M. Nakamoto, T. Kondo, Y. Mukaibo, T. Masaki, C. Hosokawa, R.: Fluid secretion and osmotic effect in mouse submandibular gland, 第11回 外分泌腺国際シンポジウム, 徳島09, 2009/7/23-25,Tokushima

Mukaibo, T. Nakamoto, T. Kondo, Y. Kidokoro, M. Masaki, C. Hosokawa, R.: The relationship between fluid secretion and temperature., 第11回 外分泌腺国際シンポジウム, 徳島09, 2009/7/23-25,Tokushima

Iida, T Ono, K. Inagaki, T. Hosokawa, R. Inenaga, K.: Ca2+ mobilization by nicotine through synaptic activation in rat parotid acini., 第11回 外分泌腺国際シンポジウム, 徳島09, 2009/7/23-25,Tokushima

Mukaibo, T. Nakamoto, T. Kondo, Y. Kidokoro, M. Masaki, C. Hosokawa, R.: The relationship between fluid secretion and temperature, 第57 回JADR 学術大会, 2nd Meeting of IADR Pan Asian Pacific Federation(PAPF), 1st Meeting of the IADR Asia/Pacific Region (APR), 2009 /9 /22 ~ 24, 武漢 中国

城所愛美,近藤祐介,向坊太郎,中本哲自,細川隆司:低出力パルス超音波が唾液腺分泌に及ぼす影響,第39回 (社)日本口腔インプラント学会・学術大会,第29回 (社)日本口腔インプラント学会中国・四国支部総会・学術大会併催,2009/9/25-27,大阪


原著論文/症例報告/総説

Mine Y, Makihira S, Nikawa H, Murata H, Hosokawa R, Hiyama A, Mimura S. Impact of titanium ions on osteoblast-, osteoclast- and gingival epithelial-like cells. J Prosthodont Res. 2010 Jan;54(1):1-6.

Makihira S, Mine Y, Nikawa H, Shuto T, Kosaka E, Sugiyama M, Hosokawa R. Immobilized-OPG-Fc on a titanium surface inhibits RANKL-dependent osteoclast differentiation in vitro. J Mater Sci Mater Med. 2010 Feb;21(2):647-53.

Catalán MA, Nakamoto T, Gonzalez-Begne M, Camden JM, Wall SM, Clarke LL, Melvin JE., Cftr and ENaC ion channels mediate NaCl absorption in the mouse submandibular gland. J Physiol. 2010 Feb 15;588  (Pt 4):713-24.

細川隆司: これからの補綴はどう変わっていくか?,Quintessence of Dental Technology 34巻4号 Page40-44(2009.04)

中本哲自:分泌機能を制御するCl- チャネル: Transmembrane Protein 16A/ Anoctamin 1., 九州歯科学会雑誌, 63(3), 133-137. Oct. 2009. 

細川隆司: ニーズに応える21世紀最新歯科医療─口腔インプラントと日常臨床─,日歯医学会誌: VOL29, P97-99, 2010


著 書/翻訳書

細川隆司,中本哲自:全国歯科衛生士教育協議会 監修 (分担執筆),最新 歯科衛生士教本 咀嚼障害・咬合異常1 歯科補綴,医歯薬出版,205頁,2009/6

細川隆司, 武田孝之 編, インプラントのポジショニング-ねらいどおりの補綴治療のために-,2009.6.20発刊,医歯薬出版,180頁 細川隆司:ポジショニングを考える前に考慮すべき重要点 ーポジショニングを考える前にー,P70-71,2009/6

細川隆司, 武田孝之 編, インプラントのポジショニング-ねらいどおりの補綴治療のために-,2009.6.20発刊,医歯薬出版,180頁 細川隆司:上部構造の作製 ー上部構造作製における考え方ー,インプラントのポジショニング-ねらいどおりの補綴治療のために,医歯薬出版株式会社, P116-117,2009/6

細川隆司,中本哲自:古谷野潔,松浦正朗 編著, エッセンシャル 口腔インプラント学,治療計画立案の手順,医歯薬出版,P74-77,2009/9

細川隆司,正木千尋:古谷野潔,松浦正朗 編著, エッセンシャル 口腔インプラント学,治療計画の決定基準,医歯薬出版,P90-93,2009/9

細川隆司,牧野路子:古谷野潔,松浦正朗 編著, エッセンシャル 口腔インプラント学,埋入シミュレーションとガイディッドサージェリー,医歯薬出版,P94-99,2009/9

細川隆司, 正木千尋:インプラント YEAR BOOK 2010,最新インプラント実態調査―インプラント診療は岐路を迎えるか―,サージカルガイドを用いてプラトンインプラントを埋入した症例,クインテッセンス出版,P217-224,2010/2




===========================================

◉平成20年度学会発表一覧(平成20年4月〜平成21年3月)

○ 第68回 九州歯科学会総会 平成20年5月31日-6月1日

・ 稲垣智浩,小野堅太郎,増田渉,細川隆司,稲永清敏

ラット耳下腺細胞のコリン性・アドレナリン性刺激による多様な反応

○ 第68回 九州歯科学会総会 平成20年5月31日-6月1日

・ 中本哲自,近藤祐介,Jennifer Scantlin, Mark Wagner, James E. Melvin, 細川隆司

マウス顎下腺陰イオン分泌におけるHCO3-の役割

○ 第68回 九州歯科学会総会 平成20年5月31日-6月1日

・ 中本哲自,Jennifer Scantlin, Mark Wagner, James E. Melvin, 細川隆司: 

マウス灌流顎下腺の温度依存性分泌増強効果

○ 第68回 九州歯科学会総会 平成20年5月31日-6月1日

・ 伊東佑記,福島秀文,丸山俊正,細川隆司,自見英治郎

進行性骨化性線維症(FOP)の発症を司るBMP情報伝達機構の解明と骨再生への応用

○ 平成20年度(社)日本補綴歯科学会 九州・中国・四国支部合同学術大会,平成20年8月30-31日 

・ 伊東佑記,細川隆司,自見英治郎

進行性骨化性線維異形成症(FOP)におけるALK2変異(R206H)はBMPシグナルを増強する

○ 平成20年度(社)日本補綴歯科学会 九州・中国・四国支部合同学術大会,平成20年8月30-31日 

・ 丸山俊正,自見英治郎,細川隆司

Thymosin β4はNF-κBシグナルを抑制することにより抗炎症作用を示す

○ 平成20年度(社)日本補綴歯科学会 九州・中国・四国支部合同学術大会,平成20年8月30-31日 

・ 稲垣智浩,細川隆司

ラット耳下腺における催唾剤の反応

○ 平成20年度(社)日本補綴歯科学会 九州・中国・四国支部合同学術大会,平成20年8月30-31日 

・ 中本哲自,近藤祐介,城所愛美,向坊太郎,正木千尋,細川隆司

マウス顎下腺唾液イオン解析による機能評価

○ 第38回 日本口腔インプラント学会 学術大会, 平成20年9月12-14日

・ 白石龍太郎,正木千尋,壽永旭博,中野宏俊,古味伸一,寺田征彦,中本哲自,細川隆司

マウス由来歯肉上皮細胞に及ぼす低出力パルス超音波の影響について

○ 第38回 日本口腔インプラント学会 学術大会, 平成20年9月12-14日

・ 岸本幸康,松本恭宣,正木千尋,中本哲自,細川隆司

骨移植を伴わないソケットリフト法の後ろ向き臨床検討

○ 第38回 日本口腔インプラント学会 学術大会, 平成20年9月12-14日

・ 伊東佑記,丸山俊正,正木千尋,中本哲自,細川隆司

進行性骨化性線維症(FOP)の発症を司るBMP情報伝達機構の解明

○ 第38回 日本口腔インプラント学会 学術大会, 平成20年9月12-14日

・ 木村勝彦,深瀬康公,正木千尋,笹尾道昭,中本哲自,細川隆司

臨床CTデータを用いた即時荷重インプラントの上部構造の力学解析

○ 第38回 日本口腔インプラント学会 学術大会, 平成20年9月12-14日

・ 丸山俊正,伊東佑記,正木千尋,中本哲自,細川隆司

胸腺ペプチド(TB4)による抗炎症作用の分子機構の解明

○ 第50回歯科基礎医学会 学術大会ならびに総会,平成20年9月23-25日

・ 壽永旭博,細川隆司,西原達次

メカニカルストレスを負荷した歯肉上皮細胞における炎症反応について

○ 第26回 日本口腔インプラント学会 九州支部学術大会,平成21年2月21-22日

・ 牧野路子,正木千尋,高橋啓,木村勝彦,中本哲自,細川隆司

無歯顎症例に対する即時荷重インプラントの3年間の後向き臨床検討

○ 第26回 日本口腔インプラント学会 九州支部学術大会,平成21年2月21-22日

・ 赤崎洋介,足立和貴,金尾将人,前田崇雄,正木千尋,中本哲自,松尾拡,細川隆司

β-Thymosins が抜歯窩治癒過程にあたえる効果

○ 第26回 日本口腔インプラント学会 九州支部学術大会,平成21年2月21-22日

・ 木村勝彦,深瀬康公,正木千尋,笹尾道昭,中本哲自,細川隆司

臨床CTデータを用いた即時荷重インプラント上部構造の力学解析

○ 第6回歯科物理刺激研究会, 平成21年3月28日

・ 白石龍太郎,正木千尋,向井知理,中本哲自,細川隆司

マウス歯肉由来上皮細胞に及ぼす低出力パルス超音波の影響について

○ 第6回歯科物理刺激研究会, 平成21年3月28日

・ 城所愛美,近藤祐介,向坊太郎,正木千尋,中本哲自,細川隆司

低出力パルス超音波が唾液腺分泌に及ぼす影響

○ 第68回 九州歯科学会総会 平成20年5月31日-6月1日

・ 丸山俊正,足立和貴,赤崎洋介,福島秀文,松尾拡,自見英治郎,細川隆司,西原達次

歯科基礎医学を基盤としたトランスレーショナルリサーチへの展開 -特にthymosine β4研究を起点として-

○ 第50回歯科基礎医学会 学術大会ならびに総会,平成20年9月23-25日

・ 稲垣智浩,小野堅太郎,細川隆司,稲永清敏

ラット耳下腺に対するピロカルピンおよびセビメリンの作用

○ 第21回日本歯科医学会総会, 平成20年11月14-16日

・ 白石龍太郎,正木千尋,壽永旭博,中本哲自,細川隆司

マウス由来歯肉上皮細胞に及ぼす低出力パルス超音波の影響

○ 第21回日本歯科医学会総会, 平成20年11月14-16日

・ 佐々木貞慶,正木千尋,中本哲自,細川隆司

臓器移植者における口腔内のQOL

○ 第21回日本歯科医学会総会, 平成20年11月14-16日

・ 村嶋勇飛,正木千尋,中本哲自,細川隆司

口腔粘膜サンプルを用いた遺伝子多型解析

○ 第21回日本歯科医学会総会, 平成20年11月14-16日

・ 山口敦,山下正晃,樋口鎮央,和田主実,森島正治,桑折欣也,熊沢洋一,壮村泰治,正木千尋,中本哲自,細川隆司

コンピューターガイディングシステムによるMIインプラント治療の実際-石こう模型3次元データ重ね合わせ法を用いた高精度ドリルガイドの使用法-

○ 国際補綴歯科学会名古屋 2008 社団法人日本補綴歯科学会 第117回学術大会 第1回日本・中国・韓国補綴歯科学会共催学術大会, 平成20年6月

・ 竹中めぐみ,正木千尋,河津寛,細川隆司

歯科保健関連QOLに関する研究 -EQ-5DとOHIP-JP16との関連-

○ 86th General Session & Exhibition of the IADR, Toronto, 平成20年6月28日-7月1日

・ Toshinaga A, Masaki C, Hosokawa R, Nishihara T.

Inflammatory mediators induced by mechanical stress in gingival epithelial cell

○ 86th General Session & Exhibition of the IADR, Toronto, 平成20年6月28日-7月1日

・ Inagaki T, Ono K, Masaki C, Hosokawa R, Inenaga K

Different sensitivities to cholinergic and adrenergic stimulations in rat parotid

○ 4th Scientific Meeting of the Asian Academy of Osseointegration Hiroshima 2008, Hiroshima, 平成20年7月18-19日

・ Tomoeda K, Makino M, Masaki C, Matsuura R, Fujiwara K, Kharouf E, Nakamoto T, Hosokawa R.

The Relationship between Sleep Bruxism Behavior and Salivary Stress Biomarker

○ 4th Scientific Meeting of the Asian Academy of Osseointegration Hiroshima 2008, Hiroshima, 平成20年7月18-19日

・ Murashima Y, Masaki C, Tomoeda K, Khrouf E, Nakamoto T, Hosokawa R

The Analysis of Gene Polymorphism using phe29 DNA Polymerase from Buccal Swab

○ 日中歯科医学会大会 2008, Xian, 平成20年9月28-29日

・ Nakamoto T, Hosokawa R, Melvin JE

Agonist induced Fluid Secretion from Mouse Submandibular gland is Temperature Dependent


主要原著論文(2008-2009)

・Romanenko VG, Nakamoto T, Catalán MA, Gonzalez-Begne M, Schwartz GJ, Jaramillo Y, Sepúlveda FV, Figueroa CD, Melvin JE.: Clcn2 encodes the hyperpolarization-activated chloride channel in the ducts of mouse salivary glands. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 295(5):G1058-67. 2008


・Nakamoto T, Brown DA, Catalán MA, Gonzalez-Begne M, Romanenko VG, Melvin JE.: Purinergic P2X7 receptors mediate ATP-induced saliva secretion by the mouse submandibular gland. J Biol Chem. 284(8):4815-22. 2009. 


・Makino M, Masaki C, Tomoeda K, Kharouf E, Nakamoto T, Hosokawa R.: The relationship between sleep bruxism behavior and salivary stress biomarker level. Int J Prosthodont. 2009 Jan-Feb;22(1):43-8, 2009


著書・訳書

・細川隆司,他

クラウンブリッジ補綴学 第4版,医歯薬出版,334ページ,2009/2

・細川隆司,中本哲自, 他

クラウンブリッジテクニック,医歯薬出版,192ページ,2008

・細川隆司,正木千尋, 他

   Quintessence Year Book 2009 現代の治療指針,欠損・審美補綴と全治療分野編,クインテッセンス出版社,2009

・細川隆司,他

これからの補綴はどう変わっていくか? インプラント編,QDT 2009 4月号,40-44,2009


Kyushu Dental College, Dept. of Oral Reconstruction and Rehabilitation 2014